アラサー女性の婚活は、男性の収入・学歴を気にすると失敗する

アラサー女性が婚活する時に、相手に求める結婚相手の1つとして収入や学歴を気にすることがあります。気にしてしまう理由としては、同年代の友達や職場の同僚が結婚していますと、その人たちよりももっと収入と学歴が高い人と結婚することで、リッチな生活ができて羨ましく思われることによって自分が満足するのです。

再婚相手となりますとそこまで求めてはいないけど、初婚となりますと失敗したくないという思いが強いことや、年齢的にも出産できるタイムリミットも近づいてきますので、どうしても働くことができない期間のことを考えますと、自分が理想として考える暮らしを得るためにはそれなりの高収入の人を求めてしまうこともあります。

高収入だけではなく学歴も大学卒であることが前提として、ある程度知名度がある大学でないと自分の子供にも質の良い遺伝子が得られないことから、収入と学歴をワンセットとしてこだわってしまうのです。

20代前半の婚活であれば世間知らずだなと笑ってしまいそうですが、アラサー女性となりますと結婚していなく転職歴が多くなければ長い年数勤めていますので、年齢や職業によって収入が把握できることもありますし、同年代で学歴も年収も良い男性はすでに他の女性と結婚していることも分かっています。

それでも僅かに残っている高学歴と高収入の同年代男性がいないかと目を光らせて探していますし、それが結婚相手の条件の1つであれば他に複数の条件も用意していますので、次第に理想が高くなってしまうことから、婚活しても自分との条件が合わなく上手くいかないのです。